コラム設備・収納

備えあれば憂いなし。台風・空き巣に備えるシャッター

台風・空き巣対策のシャッター

窓の防災対策

台風などの自然災害でダメージを受けやすいものの1つにが挙げられます。
強風で飛んで来た物が窓にあたり、ガラスが割れ、飛散すると危険なのは皆さんご承知の通りです。

そんな“万が一”への備えとして有効なのが、シャッターを取り付けるという選択です。
物が飛んで来てもシャッターがあれば窓ガラスが割れる心配は無くなります。1階だけではなく2階にも取付けておけば尚、安心です。

シャッターは後付け可能

「リフォームシャッター」は既存の窓に後付けでき、取り付けは2時間くらいでできます。またリモコンで自動開閉できる電動シャッターなら、窓を閉めたままでもシャッターの開閉ができたり、日差しは遮りたいけど風は入れたいという事でしたら、ルーバータイプになっているシャッターもあります。


取付作業

費用は5万円~

費用は品物と工賃併せて5万円から設置可能です。また小さい窓にでしたら、面格子を取付るという方法があります。これにより、大きな飛散物から窓を守る事ができます。

また他の選択肢として、窓ガラスを割れにくいガラスに変えるという方法もあります。
防犯ガラス」や「防災安全ガラス」などと呼ばれており、2枚、3枚のガラスを強靭な樹脂膜で圧着して一体化されていて、強い衝撃を与えてもガラスが割れにくく、割れてもヒビが入るくらいで飛散がほとんどしないという安心安全なガラスです。

電動シャッターお薦めです

電動シャッターも満足度が高くお薦めです。
しかし、コストが手動の2倍~3倍掛かりますので必要最低限の窓のみ電動にするのも手です。
優先順位としては、大きい窓ほど電動が良いでしょう。
シャッターを閉めながら窓を閉めることもできます。

今一度、窓周りを見直してみて、住まいの安心安全を守ってみてはいかがでしょうか?

お気軽にご相談ください

Please feel free to ask